マンションの管理人さんが私をジッと見ています・・・

この記事は約 2 分で読めます。

写真 2015-09-26 17 06 08

 

マンションから出るとき、視線を感じました。

誰かが俺のことを見ている・・・。

 

私は、いつもどおりの格好で出ようとしました。

自動ドアの向こう側に誰かがいる。

 

女性は50代なかばほどの年齢。

荷物もなく掃除道具を持っていました。

 

そうです、マンションの管理人さんでした。

毎週月曜日にマンションを掃除してくれているのです。

 

「おはようございます」

お互いに挨拶を交わしました。

でも、少し訝しげな目で私を見ていました。

 

何故でしょうか???

 

実は、平日お昼のまっただ中に家から歩いて

2分のところにある「灘温泉」に行こうと思っていました。

 

なので、Tシャツに短パン、サンダルという格好。

そして、頭ボサボサ、ヒゲボーボー。

 

恐らく、管理人のおばさんは

(この人、いつもよく見るけど、

平日の昼間から仕事もしないで何やってるんだろう?)

そう、思っているのではないでしょうか?(笑)

 

でも、実は、お昼すぎまで家で仕事をして

一段落したのでリフレッシュのために温泉にいこうと

思っただけなんです。

 

時間と場所に縛られない自由なライフスタイルの実現

 

私は、この理想を実現するために独立したといっても

過言ではありません。

 

しかし、最初からこんな生活ができていたわけではありません。

会社員を辞め、独立してから数年間は本当に厳しい時期がありました。

私の中では

 

「暗黒時代」

 

とよんでいます(笑)

 

それを乗り越えて、経験したからこそ伝えられることがある。

普通のサラリーマンの家庭で育ち、普通に大学を出て、普通に就職をした。

借金があったわけでもなければ、実家が商売をやっていたわけでもない。

ほんとにごく平凡な状況からスタートした私だからこそ、

お役に立てることがあるはず・・・

 

そう思い、会社員を辞め、起業してから暗黒時代を経て

今に至るストーリーを書き上げました。

 

題して、

【家族との時間を大切にしながら

『理想の収入とライフスタイル』を手に入れる為の7つの秘訣】

無料メール講座

 

です。

 

今すぐ無料で手に入れる

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>