どうすれば嫌がる靴下を履くのか!?

この記事は約 2 分で読めます。

写真 2016-01-28 10 06 52

 

子育てあるあるだと思いますが、、、

小さい子どもって

靴下はくのを嫌がりません!?

 

我が娘は、2歳を過ぎて

一気に自我が芽生えたこともあり

基本的に何でも自分でやりたがります。

 

強引に履かせようものなら

ギャン泣きして暴れまくります。

 

そして、靴下は何故か、履いたとしても

直ぐに脱いでしまう。。。

 

「なんで!?」

 

そんな素朴な疑問と

履いてくれないストレスを

抱えているお母さんやお父さんも

多いと思います。

 

そこで、1つご提案です。

それは、、、

 

「親子で一緒の靴下を履く」

 

です!!

 

これは、我が娘で実験して

大成功しているので効果があると確信しています。

 

どういうことかというと、

靴下を履かなければいけない

ではなく

靴下を履きたい!という状況にさせる

ことです。

 

こどもは、親と一緒のものを持ったり

一緒のことをしたりするのがとっても好きです。

なので、その習性を利用しましょう。

 

まずは、

靴下屋さんにいって、

子どもが喜びそうな動物や柄がかいてある

靴下を一緒に選びます。

基本的には、こどもに商品を見せて

選ばせます。

そして、大人も少しはずかしいですが、、、

同じ柄物を購入します。

 

そして、家に帰って

「一緒の靴下履こうかぁー!!」

っと楽しそうに声掛けして

時間をかけて靴下をはき

その後は、一緒にあそんだり

靴下について語り合えばOK!!

 

こういった、体験が何度もあると

こどもの心のなかに

靴下と一緒に楽しい記憶が

残るようになります。

 

なので、靴下を履くのを

嫌がっていても・・・

 

「ママといっしょの靴下はこうかー!!」

 

っと言えば、

子どもも楽しそうに靴下を履いてくれる。

 

如何に、楽しくないことを

楽しくできるようにするのか?

 

それを考えていくだけでも

こどもの心を掴み、

育児のストレスを減らすことが

できるのではないかと

思っていますが

 

あなたはどう思いますか?

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>