料理経験0のパパが、ヨメに喜ばれる料理の作り方

この記事は約 3 分で読めます。

写真 2015-10-11 11 17 38

日頃、パパさんたちと会って家事育児のお話をすると

よくこんな事を言われます。

 

「長島さんは、料理が得意なんですね。」

 

「私は普段料理作ることがないのですが、

料理作ることって難しいですよね」

 

すると私は、

 

「そう思ってしまうだけで、実際はそうでも無いですよ。

実は、ポイントがあるんです。」

 

いつもこう言います。

 

そのポイントとは一体何か!?

 

奥さんが嫌うパパ料理3つのポイント

っと、その話に行く前に、以前見たテレビで

こんなアンケートをしていました。

 

<奥さんが嫌うパパ料理3つのポイント>

1.普段使わないような調味料を大量に購入する

2.高い食材を買ってくる

3.こだわりすぎて時間がやたらかかる

 

実は、この3つのポイントは、初めて料理をするときに

必ず一度はやってしまう「あるある」なんです。

私も同じようなことをしました(汗

 

これを、1つでも入れてしまうと、

ヨメさんは、「イライラ」してきます。

せっかく、こっちが気分よく料理して振る舞ったとしても・・・。

 

ということは、

その逆をいけばよい。

ってことですね。

 

つまり、

<ヨメさんに喜ばれる料理3つのポイント>

1.家にある調味料だけを使う

2.高い食材は使わない

3.時間をかけない

 

この3つに共通することは

「こだわらない」

ということ。

 

何故それが大切かというと、

ヨメさんは、パパが作る料理に対して

「1年に1回」

しか出てこないようなスゴイ料理を望んでいるわけではありません。

 

そうではなく、

「1週間に1回」

のような日常の料理を望んでいるのです。

 

例えば、

ヨメさんを見ていて、

「疲れているな」とか感じた時だけでもOKです。

※お母さんたちは家事育児で本当にいつも大変で疲れています。

なので、本当はいつでもウェルカムなのです。

 

作る料理は「メイン」でなくてOKです。

まずは副菜を1つ作ってみましょう。

 

私の一番のオススメは、

 

「お味噌汁」

 

 

です。

 

作り方はめちゃくちゃ簡単。

 

<お味噌汁2人前>

STEP0:好きな野菜を適当に切っておく

⇒ちなみに、、、

我が家のスタンダードは「豆腐」と「ネギ」と「わかめ」です。

切ることがめんどくさければ、「わかめ」だけでもOK!!

 

STEP1:400mlのお水を鍋に入れて沸かす

STEP2:粉末出汁をティースプーン1杯入れる

STEP3:切った野菜を入れる

STEP4:5分ほど煮込んだら、お味噌を大きなスプーンですくって、といてください。

STEP5:1分ほど煮込んだら完成!!

 

たった10分ほどで出来ます。

簡単でしょう。

 

ハッキリ言って、おいしくなくったって良いんです!!

初めから誰でもおいしくできるわけが無いんですから。

 

でも、お味噌汁づくりを1週間に1回作り続ければ、

そのうち、ヨメさんよりも味噌汁作りの腕が上がっています。

実際、私は簡単な料理を作り続けた事によって

ヨメさんよりも手際よく、そこそこ美味しいお味噌汁を作れるようになりました。

 

何事も一歩踏み出すことからスタート。

この記事を読んだ今日中に、「味噌汁」作って下さい。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>