Warning: Declaration of tie_mega_menu_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hatalabo/www/papa365/wp-content/themes/sahifa/functions/theme-functions.php on line 1921
【番外編】夫婦関係が自然と良くなる100の方法実践編【一人になれる時間をプレゼントする】 | 愛するヨメからもらう毎日1つの『有り難う』

【番外編】夫婦関係が自然と良くなる100の方法実践編【一人になれる時間をプレゼントする】

この記事は約 4 分で読めます。

imgres

今週のアクション実践編 #3 「ひとりになれる時間をプレゼントする」

>>> 今週はこのアクションを具体的に実践してヨメさんと接してみよう。

 

子供が生まれると、常に子供を中心に生活が動くようになります。

今までは特に意識しなくてもあった当たり前の時間

例えば 「ひとりになれる時間」

誰のことも意識することなく使える時間がとても大事だったこと。

失って初めて気づくことはたくさんあります。

ヨメさんに「ひとりになれる時間」をプレゼントしてみませんか?

 

今週は以前に書いたブログ

アクション【ひとりになれる時間をプレゼントする】 

を踏まえて、

「家の中」・「家の外」のパートに分けて、実際に私自身が実践している

内容をお伝えしたいと思います。

 

<家の中>

imgres

【睡眠】

<ポイント>

・明け方にこどもが起きている状態の場合、ヨメさんを一人にして

ゆっくりと睡眠が取れるようにしてあげましょう。

パパが出社する時間までの短い時間で大丈夫です。

 

何故なら、

「こどもが夜中に何度も起きて深く寝ていない」

パパよりも、本能的!?にヨメさんの方が、こどもの変化に気づきやすいと生物学的にも言われています。

パパが知らない間にヨメさんは、こどものお世話をしているかもしれませんよ。

 

「以外と早い時間にこどもが起きてしまった。」

大人の時間にあわせてこどもは動いてくれません。

特に、明け方にギャンギャンと泣かれると、心身共に疲労度が増します。

 

<今すぐ実践!!パパへのアクションアドバイス>

・最近、ちゃんと睡眠が取れているのかを聞いてみましょう。

・ヨメさんの睡眠の量と質を上げるために、朝の時間を上手に使いましょう。

パパと子供だけのふれあいタイムにしてもいいのではないでしょうか?

 

imgres

【お風呂】

<ポイント>

・「ゆっくりとお湯につからせてあげる」

こどもと一緒にお風呂に入ると、こどもの様子が気になって、

ゆっくりとお風呂に入ることは厳しいのが現実です。

・「何も考えなくてもイイ時間をつくってあげる」

日々の家事・育児に忙殺され、ヨメさんは本当に何もしない時間

ぼーっとする時間がほとんどとることが出来ません。

頭の中を空っぽにする為にも、自分一人で何も考えない時間を作って上げると良いでしょう。

 

<今すぐ実践!!パパへのアクションアドバイス>

・「ヨメさんに先にお風呂にはいって、ゆっくりしておいでよ」と声がけをする

そして、ヨメさんがある程度満足したら、呼んでもらうようにする

・このお風呂前の時間をつかって、 こどもとの二人っきりのふれあい時間にしてはいかがですか?

 

<家の外>編は次週に書きますのでお楽しみに♪

 

家事・育児共に大事なことは、

「主体的に考えて行動している」

ことです。

初めからパーフェクトに出来る事をヨメさんも望んでいませんし

実際にはできっこありません。

繰り返し繰り返し実践する中で失敗と成功を繰り返す中でしか

本質は分からないし、身につかないのではないでしょうか?

だから恐れずに、まずは一歩踏み出してみましょう!!

 

今週は、「ひとりになれる時間をプレゼントする」を意識して実践することで、ヨメさんから『有り難う』をもらえますように♪

<最近のGood &New>

つい先日、ヨメさんが友人の結婚式の為、

東京へ2日間外出していました。

 

ということで、1歳になった娘と二人っきりの週末。

 

「本当に二人っきりで大丈夫なのか?」

「いや!オレなら出来る!!」

 

という心の葛藤を経て、なんとか2日間を乗り切りました。

この2日間で一番感じたのは

 

「ヨメさん達は、毎日こんな風にこどもと日々を過ごしているんだな

本当にすごいな。感謝!!」

 

ということでした。

 

今回の娘との2日間の様子や、そこから学んだことを元に

「実践編」としてブログを公開予定ですのでこうご期待!!

 

「全国のヨメさんへ」

【いつも家事・育児お疲れ様です。パパがいない中、不安や疲れもたくさんある中、

 必死に頑張ってくれてありがとうございます】

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>