Warning: Declaration of tie_mega_menu_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hatalabo/www/papa365/wp-content/themes/sahifa/functions/theme-functions.php on line 1921
【82】夫婦関係が自然と良くなる100の方法【毎朝3分間だけ掃除をする】 | 愛するヨメからもらう毎日1つの『有り難う』

【82】夫婦関係が自然と良くなる100の方法【毎朝3分間だけ掃除をする】

この記事は約 3 分で読めます。

夫婦関係が自然と良くなるアクション #18 「毎朝3分間だけ掃除をする」

>>> 今週はこのアクションを意識してヨメさんと接してみよう。

最近、家の掃除をしましたか?

「ある程度キレイだし、そんなに気にならないからからまぁいいや」

そう思っている旦那さんは意外と多いと思います。

 

でも実は、奥さんが日々コツコツとお掃除をしてくれているから

気にならない状態をキープ出来ているのかもしれませんね。

 

実は、「お掃除」は女性にとってかなりの重労働です。

そして、時間と体力を使います。

なので、本来は「男性向きの家事」なのです。

 

そして、この男性向きの家事を活用して、夫婦関係を良くする方法があります。

それは、、、

「毎朝3分間のお掃除」

 

です。

どうですか?

スマートフォンを触る時間を3分減らし、

その3分間をより有効的に使ってみませんか?

大切なポイントについて

「毎朝3分間お掃除」をする上で

とても大事なポイントがあります。

それは、

 

「超短時間・日々継続すること」

 

です。

 

もしかすると、「お掃除」を普段からお手伝いしている

という旦那さんもいると思います。

 

でも、ここで1つ質問です。

「あなたは、1ヶ月間で何回掃除をしましたか?」

 

頻度を増やせばトータルの掃除時間が半分になる?

こんな経験がありませんか?

2週間ぶりにトイレ掃除をしようと思い、ブラシでゴシゴシ。

でも、水垢がひどすぎてなかなか落ちない。

塩素系洗剤をかけて放置したものの、細かい部分は落ちない(涙)

 

結局、全部をキレイにし終えたのは30分後。。。

「はぁー疲れた。。。トイレ掃除めんどくさいなー」

 

しかし、毎日3分間トイレ掃除をしてみてください。

こんな「めんどくさい」こととはオサラバできます(笑)

何故なら、

 

汚れが少ない時から常にキレイにしているから

 

です。

 

この当たり前の事実に気付かずに、

たまにやる掃除で悪戦苦闘している人が世の中には多いのです。

正直、毎日3分も必要ありません。

チャチャッとやれば、1分ぐらいである程度綺麗になります。

 

そう考えると、1ヶ月で掃除にかける時間は半分ぐらいになりませんか?

 

毎朝3分間お掃除の副次的効果とは?

そして、こういった「お掃除」を日頃からしていると

もう1つ嬉しい効果が現れます。

それは、、、

 

「ヨメさんが褒めてくれるようになる」

 

ということです。

 

日頃から掃除している姿を頻繁に見たり、

清潔感を感じる状況があると、ヨメさんにも自然と伝わります。

 

我が家では、

私が毎朝「トイレ」と「フローリング」の掃除をしています。

すると、ヨメさんが

 

「いつもトイレと床がキレイになってて嬉しいなー♬」

 

と言ってくれます。

そして、今では一緒に掃除をするようになりました。

 

お掃除は仕事運アップを招く!?

掃除を毎日していただくとわかりますが、

「とても健やかで清々しい幸せな気持ちで一日をスタートできます。」

これって、自身の仕事のパフォーマンスを上げる効果も

あるのではないでしょうか?

 

「毎朝3分間だけ掃除をする」を意識することで、ヨメさんから『有り難う』をもらえますように♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>