Warning: Declaration of tie_mega_menu_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hatalabo/www/papa365/wp-content/themes/sahifa/functions/theme-functions.php on line 1921
【97】夫婦関係が自然と良くなる100の方法【好みをより深く理解する】 | 愛するヨメからもらう毎日1つの『有り難う』

【97】夫婦関係が自然と良くなる100の方法【好みをより深く理解する】

この記事は約 3 分で読めます。

images

今週のアクション #4「好みをより深く理解する」

>>> 今週はこのアクションを意識してヨメさんと接してみよう。

 

あなたのヨメさんはどんなものが好きですか?

食べ物・映画・本などなど、色々なモノに趣味趣向がありますが

なんとなくでしか理解していないのではないでしょうか?

もう一段階深く、ヨメさんを理解することで

自分もヨメさんもハッピーになりますよ♪

—————

結婚というのはつくずくおもしろいものだと感じます。

今まで別々に暮らしていた他人がそれぞれの文化や習慣を

おたがいに持ち寄って、1つ屋根の下で共有する。

何気なくやっていた自分の習慣が相手にとってはとても

特殊で奇妙に感じたりする。

 

その中の1つで、ヨメが持ち込んだ習慣でとてもインパクトが強かったことがあります。

それは・・・

「タオルを使用用途によって色分けして使う」

 

???

意味不明ですか? それとも「ああ!!自分もやっている!」ですか?

私にとっては 意味不明でした・・・(後でまたヨメに怒られるかも・・・(汗)

 

どういうことかというと、

キッチンは黄系統、風呂場は青・白系統、トイレはピンク系統など

色分けしてタオルを使います。

理由は、「トイレで使ったタオルで顔や手を拭いたりするのはイヤでしょ!?」

確かに。。。

でも、個人的にはどうでもよかった・・・(後でまたまたヨメにおこられるかも・・・(爆))

 

このように、人の習慣には、よくよく話を聞いてみないと全く理解できないことが

たまにあります。そして理解してその習慣に慣れると自分の習慣にもなってきます。

 

こういったヨメの習慣ににていることとして「好み」もよくよく理解すると

とても楽しいということに気づきました。

 

ある日の夕方。

ヨメさんと一緒に近所のスーパーに食材の買い出しに行きました。

するとスーパーの入り口で

ヨメさんの大好物のプラムが特売で売っているではありませんか!!

すかさず私はプラムを手に取り

買い物カゴに入れました。(もちろん!ヨメが喜んでくれるとおもって・・・)

 

オレ:「プラム好きだったよね!?特売で売ってたから買おう!!」

すると、それをみたヨメは・・・

ヨメ:「このプラム、色(赤くて熟している)と堅さ(やわらかそう)がそんなに好きじゃない!」

ヨメ:「こっちの方が色(青みがあって熟す手前)も堅さ(皮がしっかりしてそう)も良い感じ!!」

 

オレ:「えっ!!熟してて甘そうな方が好みなんじゃないの!?

絶対!こっちのほうがおいしいって!!」

→という心の声はだせず。。。

 

オレ:「へー、、、そうなんだ、、、(ションボリ」

 

でも、実際に食べてみるとおいしく、その後も色々とおいしいプラムの選び方

(というよりかは、ヨメが好きなプラムの選び方ですが・・・)

を英才教育してもらい、どれが一番おいしいか(ヨメが一番よろこぶか?)を

自然と考えて買えるようになりました。

 

今回のエピソードは食べ物に関するものですが、

ヨメさんの1つ1つの趣味趣向に対して、なんとなくでしか理解できていない部分を

もう一段階深める質問や行動をし続けると

ヨメさんの感覚としては「自分のことを理解しようとしてくれている、大切にしてくれている」

と感じ、同じモノを買って帰る場合でも、雲泥の差があると実感しています。

 

ぜひ、ヨメさんが好きなモノゴトにたいして

「何で好きなの?」「どういった基準で選んでいるの?」など

もう一段階深める質問を投げかけるところから始めてみませんか?

 

今週は、「好みをより深く理解する」を意識することで、ヨメさんから『有り難う』をもらえますように♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>