Warning: Declaration of tie_mega_menu_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/hatalabo/www/papa365/wp-content/themes/sahifa/functions/theme-functions.php on line 1921
【98】夫婦関係が自然と良くなる100の方法【どうしてほしいのか想像する】 | 愛するヨメからもらう毎日1つの『有り難う』

【98】夫婦関係が自然と良くなる100の方法【どうしてほしいのか想像する】

この記事は約 3 分で読めます。

images

今週のアクション #3「どうしてほしいか想像する」

>>> 今週はこのアクションを意識してヨメさんと接してみよう。

 

ヨメさんの動きを何気なく眺めていると見えてこないが

よく観察してみると、次にやって欲しいことが見えてくることがあります。

相手の立場に立つのは少々ハードルが高いので、まずは、自分の目線で

どうしてほしいのかを想像してみましょう。

きっと、ヨメさんから「ありがとう!!」という言葉が返ってくるはずです。

—————

今週の前半、1ヶ月ほど前から予定していた長崎旅行をキャンセルした。

もちろん、台風8号の影響で・・・

あまりにも悔しいので、キャンセルの電話をした勢いをかりて

以前から気になっていた大阪のロッジを予約した。

普通の感覚ならば、ホテルの1室よりもロッジの方が値段が高いかと

思いきや、少しお安め!!

しかも、現地についてロッジで過ごしてみると、これまた快適!!

旅行にあわせて過去最大級の台風を呼び寄せる不運を呪ったが

結果的にとても楽しい家族旅行になってよかった♪

 

それはさておき、今週のアクションは、そんなロッジの中で起きた

出来事から話を閃きました。

子供が生まれてからというもの、普段の生活だけでなく、

旅行の時でも常に時間の中心には子供がいるようになってきます。

今回の旅先でも、こんなことがありました。

 

「あー!もう10時過ぎだから離乳食あげなきゃ!」

※バタバタとチェックアウト11時が押し迫るなか、自分の準備もほどほどに

子供の離乳食作りにいそしむヨメ

 

「パクパク」

「もぐもぐ」

※おいしそうに離乳食を食べている子供と餌付けのように与え続けるヨメ

 

ふと、台所の部分を見てみると、、、

散乱した道具、ほ乳瓶、洋服 etc…

 

この状態でほっておくと、どうなるのかな?

恐らく、11時にはチェックアウトできなくなりそう。

とりあえず、食器を片付けて、ほ乳瓶を煮沸して、

これから外出するから粉ミルクを今から作っておけばいいかな!?

 

時間としてはおよそ30分ほどだったでしょうか。

全て完了して、少し時間にも余裕があったので

「お茶」を入れて、離乳食タイムが終わるのをしばし待つことに・・・

 

ふと見ると、出かける準備が整っていることに

ヨメさんは、

「ありがとう!!」っと言ってくれました。

 

正直言って、そんなに特別な事はしていません。

食器を洗って、鍋に水をはってほ乳瓶を煮沸して

準備されている粉ミルクをつかって、ミルクを作るだけです。

作業している時間よりも、待っている時間の方が長いぐらいです。

 

私は、昔から体育会系だったので、先輩の行動を観察しながら

次に何をしてあげれば喜ぶか、ほめられるかということを意識して

生きてきたので、自然と出来てしまっていますが、

そうではない人にとっては、少しハードルが高いはずです。

その人の事をよく観察して、その上で次の行動をイメージしないといけませんからね。

 

でも、自分のことは自分で考えることができます。

まずは、「自分だったらどうしてくれたら嬉しいか?」

を自分に問いかけてみてください。

行動までできればベストですが、最初はイメージしてみることを

習慣づけることが大事です。

そして、その中で一番簡単なことでいいので、何か1つ

実際にやってみましょう。

全部はやらなくても大丈夫です。そのうち勝手に全部やるようになります。

 

小さな小さな一歩を踏み出すことで、夫婦の関係性は劇的に良くなっていきます。

 

今週は、「どうしてほしいかを想像する」を意識することで、ヨメさんから『有り難う』をもらえますように♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>